羽黒山合宿

こんにちは、中の人Kです

今更ながら6月の17-18日に行われた羽黒山合宿について

もう記憶が抜けかかってるとかそんなことはない

この羽黒山合宿ですが、一年生と二年生だけという初々しい(?)メンバーでの合宿となりました。

メインターゲットは「アカショウビン

去年参加して声を聞くことしかできなかったこの鳥を「今年こそは見るぞ!」と意気込みながら山形県へ!

 

 

といっても鳥を見るのは2日目の朝なのでまずは観光

最初にいったのは霞城公園

最上義光像を見たり城跡をぐるっと一周したり……

 最上義光像

 

 

そしてその敷地にある山形県立博物館

去年は行かなかったのでどんな展示があるのか期待を胸に入館

個人的な満足度は非常に高かったです

動物の剥製も多く置いてあり、一年生はアカショウビンがどんな見た目と大きさをしているのかという予習もできました

僕自身は特別展の粘菌の展示が結構楽しめました

生物学科の筆者と蜘蛛の人と幹事Mがテンション上がっていただけとかは言ってはいけない

 

 

昼ごはんには畑の近くを動き回っているキジを横目に蕎麦を食べました

ゲソ天おいしかったです

そば 

 

そんな感じで次の目的地・加茂水族館……に行く途中の休憩のために止まった朝日月山湖展望広場にて

蜘蛛の人に鳴き声が聞こえると言われ、車の外に出ると「キョロロロ…」という鳴き声が!

アカショウビンだ――――――!!

対岸にいたため見ることはできませんでしたが、これは幸先の良いスタートなのでは?と期待がどんどん高まります。

 

 

そんなことを経て加茂水族館に到着

クラゲの水族館として有名なここは来るのを楽しみにしていました

去年に引き続き二度目の訪問でしたがやっぱり見ていて楽しいですね~

大きな水槽の中をぐるぐると回るクラゲを見ているだけで心が癒されていく…

クラゲ  

 

こうして初日の観光を終えて斎館に到着

到着直前にはカモシカとの出会いもありました

おいしい夕食を頂きつつ明日へ備えます

 

夜はカタンやUNOを楽しんでいました

盛大な初心者いじめがあったとかなかったとか

swbさんにめっちゃ文句言われた気もする…

カタン 

 

そんな夜も終わり、朝だ!探鳥だ!アカショウビンだ!!

なかなか起きれない会長を横目にアカショウビン探しへ!!

日の出と同時刻ぐらいからキョロロロ…という鳴き声が聞こえ始め、声を手掛かりに羽黒山を登ったり下ったり…

声が聞こえるもなかなかその姿をだれも見つけられず…

と、そんなときにwさんから「本堂近くでアカショウビンがいた」とのLINEが!

こりゃ急いでいくしかない!と思い立つも現在地は本堂からかなり下った場所でしてorz

もちろん本堂につく頃には影も形もなく声も聞こえないという残念な結果に…

しかしその程度ではまだまだあきらめない

車に乗りながらゆっくりと山を下り、鳴き声を頼りにアカショウビンを探しにいきました

下っている途中にキョロロロ…という鳴き声が!

近くで数分待機していたところ、突然キョロロロ…と鳴きながら赤い物体がバサバサと飛び出してきました!!

アカショウビンだ―――――!

一瞬しか見れなかったものの、きちんと目でとらえることが出来ました

その後もアカショウビンを探し続けましたがもう一度見ることはできませんでした

羽黒山ではアカショウビンのほかにもサンショウクイキビタキといった鳥を見ることができました

キビタキ ↑キビタキ


 

こうして探鳥を終えて朝ご飯を食べ、斎館を出発しました

次なる目的地は五重塔

国宝にも指定されているこの塔は室町時代に建造されたというとても歴史の深いものです

ここに歩いて向かう途中にある滝も非常にきれいでした

五重塔  

 


こうして五重塔での観光を終え、最後にチェリーランドさがえに行きました。

ここでサクランボ狩りに行くことになり、初体験の私はテンションがかなり上がっていました

もいで、食べて、もいで、食べて……

めちゃくちゃおいしかったです

ただ、時期が少し早かったのでもう少し遅い時期だったらさらにおいしかったのかなあ、と思ったりもしていましたが、大量のサクランボを食べて大満足でした

 

 

こうして大学へと戻り、羽黒合宿終了となりました

去年のリベンジは半分ぐらいできたかな、という感じでした

次こそははっきりと目にとらえてやる、という思いを胸に、来年の羽黒合宿を楽しみにしています

 

 

最後になりましたが今回の羽黒合宿での鳥あわせです

(羽黒山)

カルガモ キジバト ツツドリs トビ アカショウビン コゲラ オオアカゲラ アオゲラ アカゲラ サンショウクイ カケスc ゴジュウカラ ヤマガラc シジュウカラ ヒヨドリ ウグイスs ヤブサメs ムクドリ クロツグミs キビタキ スズメ キセキレイ カワラヒワ ハシブトガラス ハシボソガラス ホトトギスs(26種)

(道中)

キジ ウミネコ ヒメウ ダイサギ アオサギ ツバメ アマツバメ ハクセキレイ オオヨシキリs ガビチョウs メジロ イソヒヨドリ ノスリ オオルリs(14)

スポンサーサイト

新歓遠足in秋保(5月21日)

こんにちは。
のとりのクモ屋です。
( `・∀・´)ノヨロシクー

この日は5月とは思えないほど暑かった。
30度とか信じられない。
夏よりも暑いんじゃないか!?
こんなに暑いのに参加してくれた13名の皆さんに感謝
ヽ(≧∀≦)ノ

まず行ったのは秋保大滝
流石仙台屈指の観光名所!
滝がドワー、ゴーって大迫力!
(そのせいで鳴き声が聞こえない)

秋保大滝


行先を秋保大滝にして本当に良かった。
他のところ行くと暑くて倒れてしまう。
_( _´ω`)_

鳥についてはキセキレイがすごく見やすいところに出てきてくれた。

キセキレイ

カワガラスもいた。
カワガラス

因みにカワガラスってカラスの仲間じゃないんだって
生物にありがちな名前詐欺だな
(以上申し訳程度の鳥要素)

お昼ご飯は山菜天そば
山菜天そば

タラの芽、ふきのとう、ウド、コゴメ、ワラビ、コシアブラ
(↑鳥の分類より自信あり!)

午後の部は万華鏡美術館
美術館というものの体験型なので親しみやすい施設!
万華鏡美術館

でも、写真を見る限りシュール(笑

最後に秋保温泉に入り帰宅。

   ∬   ∬
  。。・・∧乙∧・・。。∬
。o0゜( ・∀・) 0o
(⌒) (( ー-- )) (⌒O
/⌒ヽ     (⌒()
レ⌒)⌒>-(⌒(⌒(⌒ヾ
`ー′゙"  ~~~゙""゙""
  、レ  ``"   ""

月曜1限が俺たちを待ってるぜ!!

集合写真


とりあわせ
カルガモ、キジバト、カワウ、ツツドリ、トビ、アオゲラs、コゲラc、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヤマガラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイスs、ヤブサメs、オオルリs、キビタキs、スズメ、キセキレイ、カワラヒワ、ホオジロs、カワガラス、メジロ
以上23種

2017春 飛島遠征 3日目(5/5)

こんばんはywrです(*・ω・)ノ

随分間があいてしまいましたが、飛島最終日です!

さすがに快晴3日目なので鳥が少なく、各々残りの時間を、島の行ってない所に行ったり、粘って鳥を探したり、宿で寝たりと思い思いに過ごします_(:3 」∠)_

自分は行ってなかった島の南西側を歩いて見ました。あと少しでこの島での楽しい時間が終わると思うとなんだが少し悲しい...(。・ω・。)

アマツバメやハヤブサ、キマユホオジロやコホオアカといった鳥を見ながら港まで降りてくると、ウミネコの繁殖している岩が見えて来ます。

ウミネコの集団営巣地は東北沿岸の景色の中でもかなり好きなものなので時間を忘れて眺めていました

近くにウミネコの卵殻が落ちていましたが、恐らく捕食された跡だったようで飛島といえど安全とは言いきれません。飛島でもウミネコの集団営巣がほぼ必ず人の住んでいない離れ小島や海に浮かぶ岩に位置しているのがわかります。



(おっと間違えて投稿ボタンを押してしまった(^-^;))

そんなこんなでフェリーの時間に。

帰りのフェリーはウトウやオオミズナギドリ、ウミスズメ、シロエリオオハムなどが見えました。


長いようであっという間の飛島遠征が今年も無事終わりました( ´ ▽ ` )

これからもメンバーそれぞれが色々考えながら楽しむ、実りの多い飛島遠征が行われていくことを信じています

それでは。

鳥あわせ5/3〜/5 天気:共に晴れ

1日目(酒田での探鳥分含む)
キジc、カルガモ、ヒドリガモ、アカエリカイツブリ、カラスバト、キジバト、アビsp.、 オオミズナギドリ、ヒメウ、カワウ、ウミウ、アオサギ、チュウサギ、アマツバメ、ハイイロヒレアシシギ、ウミネコ、ウトウ、ミサゴ、トビ、サシバc、コノハズク、アオバズクc、コゲラ、ハヤブサ、サンショウクイ、サンコウチョウ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラc、シジュウカラ、ツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、ヤブサメ、エナガ、カラフトムジセッカ、キマユムシクイ、ムシクイsp.、エゾムシクイ、センダイムシクイ、メジロ、ムクドリ、コムクドリ、クロツグミs、マミチャジナイ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、コマドリ、オガワコマドリ、ノゴマ、コルリ、シマゴマs、ルリビタキ、ジョウビタキ、ノビタキ、イソヒヨ エゾビタキ、コサメビタキ、キビタキ、オオルリ、スズメ、ハクセキレイ、ビンズイ、アトリ、カワラヒワ、マヒワ、シメ、ホオジロ、ホオアカ、キマユホオジロ、カシラダカ、ミヤマホオジロ、ノジコ、アオジ 計78

2日目
+マガモ、ウミアイサ、オオハム、ミゾゴイc、アカガシラサギ、ツツドリs、コチドリ、オオセグロカモメ、カンムリウミスズメ、ヒガラ、ヒバリs 、マミジロ、ムギマキ、オジロビタキ、イカル、シロハラホオジロ、クロジ (新17)計95

3日目
+コサギ、ジュウイチs、アカエリヒレアシシギ、ウミスズメ、カワセミ、チョウゲンボウ、アカゲラ、カラアカハラ、キセキレイ、ウソ、コホオアカ、オオジュリン (新12)計107

シベリアアオジ♂♀

2017春 飛島遠征 2日目(5/4)


こんばんは_(:3 」∠)_ ywrです。

飛島遠征2日目です!今日もひたすら鳥を見ます!

この日は早朝4:00前に起床して、探鳥に向かいます。:;(∩´﹏`∩);:ネムイ...

今日も穏やか過ぎる天気(^-^;

朝の校庭はツグミ類の姿が目立ちました。マミチャジナイもちらほら。
マミチャジナイ

ヘリポートまで登ります。色々なヒタキが飛び回っており、茂みの奥からはシマゴマの声が響いてきます。


シマゴマ!

シマゴマのいる場所に自分が行くなんて思いもしてなかったのでスゴく驚きました...いい声だ...
シマゴマ含めて今回はノゴマ属が5種も出てたんです!

(このブログ書いてる時に飛島でムナグロノゴマが見られたという報が入りました。ムナグロノゴマって...もはや鳥の姿も分かんないや...(^∇^))

巨木の森、暗い道の向こう側を見ると小さな鳥がウロウロしています。スコープを覗くと、シロハラホオジロのメス!!一応初めて自力発見で珍しいホオジロを見つけられたのでとても嬉しかったです(^_^)

オジロビタキやキマユムシクイを見つけたメンバーが場所を教えてくれますが、朝ごはんの時間なので宿に戻ります。

おいしい朝ごはんを頂いてから、また探鳥へ。

巨木の森を通ってからヘリポートへ。
コシアカツバメがいたとかいないとか。
東日本ではあまり見ない鳥です。

日が昇ってくるとシマゴマは鳴かなくなってしまうので、シマゴマのポイントを横目に島の北側に降りていく道へ。道端にはテンナンショウの類が生えています。

北側の漁村からスコープで沖を眺めます。

ウトウ
するとウミネコやウとは別に、中くらいの黒い鳥が波間に見え隠れしています。よく見るとウトウのオレンジ色のくちばしが確認できました。


気温も上がり、スコープやカメラが熱くなってまいります(^-^;
海岸沿いの探検に向かうメンバー

キツい階段を登って、東屋でお昼ごはん。

その後、四谷ダムの方に歩いていきます。

オオルリ

昨年に比べてオオルリが多いような印象だそうで、毎年GWの同じ時期に来ても島の状況は少しずつ違うものだなあと実感しました。

キマユムシクイ?
四谷ダムにつくとコサメビタキがフライングキャッチを見せてくれます。キマユムシクイもそこかしこで鳴いています。ダムの水面にはマガモファミリーが。

そんな中、海の方から来たバードウォッチャーが
「あっちでオオハムの綺麗な夏羽が見られるよー」
と教えてくれます。


周りに流されて行ってみると比較的海岸近くにいるオオハムを見ることができました。あとアカエリカイツブリも。

というか、波がなさすぎて鳥がいれば丸見えという状況でした。一切波がないので湖のように見えます。夏の日本海はこんな日があるんですね(^-^;

カンムリウミスズメの姿も見られました。日本野鳥の会が保護活動をしている鳥で、海の上で生きる鳥なので普段見る機会は比較的限られています。

その後南側でアカガシラサギを見たメンバーも。

そして...
マミジロのオス
マミジロのメス

留鳥のカラスバト
ホントにカラスみたいなハトです。

校庭にいたチョウセンウグイス
尾羽が長かったりする。

ムギマキやマミジロキビタキの情報も。

そうこうしていると日が暮れていきます。本当に一日中鳥見をしています。ヘトヘトです_(:3 」∠)_

夜探鳥は無し。最終日に備えて(飲み会の後に)寝ます。

この日は新たに17種の鳥をカウントしました。
もうすぐ100種!

最終日に続く!

(ファイル形式が悪いのか、バリバリに圧縮がかかっている写真があってすみません(^-^;)

それでは。

続きを読む

2017春 飛島遠征 0日目&1日目(5/2,3)


こんにちはᕦ(ò_óˇ)ᕤ ywr です

GWに山形の飛島に遠征に行きました!

この飛島には、春と秋、鳥の渡りの時期に日本海を通過するたくさんの鳥が休息を求めてやってきます。その中には、普段本州で見つけるのが難しい種類のものも多く、そうした鳥を手っ取り早く見られちゃう場所としてバードウォッチゃーの遠征の行き先にあがるわけです。

今年のGWは5連休、二泊三日でフェリーの欠航に備えた予備日を2日まで取れるということもあって、20人程のメンバーが参加することになりました。

去年と違うのはフェリーの出る酒田に前日入りすることです。そうすることで初日の午前のフェリーに乗ってより長く飛島にいることができます。

〜出発当日5/2夜〜
ほかのメンバーより少し早いバスで酒田駅に向かっていた私。

(LINE通知)「Mくんがバスに乗り遅れたらしい」

私「( ´_ゝ`) ....。」

野鳥の会の伝統芸が飛び出すも、車で酒田入りする先輩のピックアップのおかげで、その日のうちに予定のメンバー全員が酒田に到着する事ができました。

一足先に酒田駅前に到着した私は宿泊先のホテル酒田に向かいます。早速、ホテルのフロントでチェックインを済ませて...。済ませて...。....?

フロント「お客様のご予約は "ホテルイン酒田" になっておりまして、こちら "ホテルイン酒田駅前" ですので車で10-15分の "ホテルイン酒田" の方にお願いします。」

私「( ´_ゝ`) ...?」「( ゚д゚)!(理解) 」

「...歩くかorz」

一時間ののち(!)、ホテルイン酒田に到着しました。ほかのメンバーはバスをひとつ前のバス停で降りることで徒歩移動を回避。

名前似すぎだるぉ、、(΄◉◞౪◟◉`)


〜いよいよ飛島に渡ります!5/3〜

早朝、酒田の日和山公園での探鳥に向かいます。天気は予報通り快晴!フェリーももちろん出航です!

日和山公園にも鳥がたくさんいます。


センダイムシクイ


エゾムシクイ

間違ってたらどうしよう...:;(∩´﹏`∩);:
ムシクイ難しいよね


コムクドリ
いろんな鳴き声出すので面白い。


コマドリ!


シジュウカラ


探鳥を終え、フェリー乗り場へ。GWで凄い混雑。
早速、受付を済ませて...。済ませて...。...?

受付「お客様のご予約が昨日の5/2になってまして。」「キャンセル待ちの順番でご案内しますのでお待ち下さい。」

私「( ´_ゝ`) ...。」
「( ´_ゝ`) ...!?」
「(; ´_ゝ`) ...!!??」

下手すると全員飛島に渡れない可能性が浮上。非常にアタフタしました。

キャンセル待ち確認、人数確認ののち、「じゃあ乗って下さい」と乗船券をもらい、無事乗船。

「20人キャンセル出たってこと?ドユコト?」と不思議に思うも、乗ってみて納得。


ぎゅう詰めの甲板

乗れるだけ詰め込んでくれたらしい。
ありがとうございました( ^ω^ )

これまた予報通り、ベタベタのナギナギ。去年乗った時はフリーフォール連発の暴れ具合だったんだけどね。

「これ鳥いねえんじゃねえかな...。」
私の心に一抹の不安が。

晴天続きだと鳥がどんどん渡ってしまって、島に留まる鳥が減るのが離島の特徴だからです。

しかしいざ飛島に到着すると自ずと期待に胸が膨らみます。宿に荷物を置いてさっそく探鳥開始!

校庭に行くとシベリアアオジのメスが近くにいます。さっそく島らしくて喜んでいると、昨年末のイベントでお会いした関東の大学生Sくんに遭遇。島の状況を教えてもらい、カラフトムジセッカがいるという場所へ一緒に行きました。

この時、校庭にはオガワコマドリとノゴマがいるとのことでしたが、人も多いので軽く見て後回しに。...贅沢な鳥見。





カラフトムジセッカ!

図鑑には「脇から下尾筒はバフ色、下尾筒は黄色が強い」とあります。実際かなり目立つ!

ちょこまかとネズミのように動き回るのでその他の特徴は撮った写真で確認してみました。

じっくり観察しているうちに個人的にとても好きな鳥になりました

綺麗で良い鳥ですよねぇ(´ω`)
顔つきもカッコいい(´ω`)
うん。(´ω`)

校庭に戻ります。


オガワコマドリ!

メス第一回冬羽?でいいのかな?
英名はBluethroatだけど、若い個体は青がでないみたい。「腰脇から尾羽基部は橙色」というのも見てとれます。

オガワコマドリにピンときてないメンバーもいたので、スコープで胸の模様とかを確認してもらったりしました。珍しい鳥なんだよー(´ω`)

ノゴマは喉が真っ赤で綺麗でした(^^)
じつは初見だったりする...

夕食の時間なので宿に戻ります。

今回お世話になるのは「おらが海の家」。




大人数でもとても快適に過ごせます!
ごはんもメインディッシュがいくつもという感じでかなり豪華!

夕ご飯に満足して部屋に戻ると、夜の鳥を見に行こうというメンバーが出かけて行きました。

私は昨日からの歩きまくりが祟って、足首が限界だったので断念。

コノハズクが見られたらしい。一説にはオオコノハでは?ということだった。

1日目終了です。鳥合せの結果、78種見てました。
思ったより鳥いるなあ(´ω`)良かった〜(´ω`)

2日目以降に続く。(鳥合せは最終日にまとめて)
プロフィール

東北大学野鳥の会

Author:東北大学野鳥の会
東北大学野鳥の会の公式ブログです。鳥見のイベントのことを中心に、鳥のことや身の回りのことなんかをゆるゆると書いてます。ツイッターも見てね!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク