野鳥の会は何をやってるの?

こんにちは、引き続きますぴーです。
前回はテンションが高かったので、今回は落ち着いた感じでやっていこうと思います。

新歓記事Part2ということで、今回は野鳥の会のイベントについてざっくりと(ここ重要)紹介していきますね。

なお、一部自分が参加した気になって偉そうに書かれている場所があるかもしれないです。(ここも重要)

詳しいことは部室に来て先輩方から直接話を聞くか、部誌「とりっこ」(部室に来るともらえます)を見るべし。
部室は「新サークル棟2階226号室」にあります。
是非気兼ねなく足を運んでみてください。


★飛島合宿 (GW、山形・飛島)
普段の探鳥では見られないような鳥がたっくさん見られます。夏の鳥も冬の鳥も見られます。ヤバいです。
しかもその鳥たちもスタイリッシュでかっこいいのもいればちっちゃくて色鮮やかでかわいいのもいます。ヤバいです。
あと島というだけあって海の幸をふんだんに使った豪華なご飯が出てきます。もちろん美味です。もう全体的にヤバいですね。
s_DSC01326.jpg

★新歓旅行 (5月)
文字通り、「新入生と仲良くなろう!」というのが目的の旅行です。
鳥を見て、新入生といっぱい話して、旅行も楽しんじゃおう!って感じですかね。
例年は蔵王なのですが、去年は猊鼻渓(岩手)でした。今年は果たしてどうなるのでしょうか。
s_P5175646.jpg

★ガビチョウ調査 (5月、仙台・青葉山)
東北大野鳥の会では、例年ガビチョウの個体数について東北交流会(詳しくは↓を見てね)で発表しています。
ガビチョウは外来種の鳥なので、ガビチョウが他の鳥たちに与える影響を調べているのです。
で、これはそのためにガビチョウの個体数を数えるというわけなのです。難しくないので是非参加してほしいですね。

★バードソン (6月)
記録によると一昨年までは存在したとされるNEC主催の大会。一日にどれだけ多くの種類の鳥を見られるかを競う。
「競技」であるがゆえに当然探鳥を行う上での規定が存在する。
新入生にとって早い時期から鳥の種類を覚えられる素晴らしい機会であったようだ。


★羽黒山合宿 (6or7月、山形・羽黒山)
「キョロロロロ…」と鳴くアカショウビンという真っ赤な鳥を見るための合宿。
寺の宿舎?のような場所に泊まります。精進料理も出てきます。夜は真っ暗なので肝試しに最適ですね。
あと、クラゲがいっぱいフワフワ漂うクラゲ水族館こと加茂水族館にも行きます。肉体的にも精神的にも浄化されますね。
s_IMG_1064.jpg

★夏合宿 (8月、行き先自由)
1年生が行きたいところに行けます。去年は佐渡で紅白のコントラストが特徴のトキを見たそうな。
立山でライチョウを見るもよし、沖縄でヤンバルクイナを見るもよし。もうほんとに自由です。
去年の夏合宿の記事を見ると割とフリーダムなので観光とか好きなことバリバリできると思うよ(適当)
s_IMG_1535.jpg

★東北交流会 (8月、東北のどこか)
東北地方にはさまざまな大学があり、野鳥の会をはじめとするさまざまな自然系のサークルがあります。
その人たちと活動報告やクイズなどを通して仲を深めよう!というのが交流会です。
あ、もちろん鳥も見れます。他には虫も見られるみたいですね。
s_2015_0823_18393000.jpg

★龍飛合宿 (9月、青森・龍飛岬)
タカやハヤブサといったクールでかっこいい猛禽類が見たい人にはオススメです。たくさん見れます。
コテージを借りて、フィッシングとかいかにもアウトドア!って感じのことができます。
自分たちで料理を作って自分たちで実際に食べる、なんてこともできちゃいます。コテージなので。
s_IMG_1644.jpg

★東北ブロック (12or1月、東北のどこか)
東北交流会で仲良くなった他大学の人たちと鳥を見に行きます。
行く場所によって変わるとは思うんですが、カモ科の鳥たちや猛禽類が見られるはずです。
普段の探鳥では水鳥はあまり見られないので水鳥が好き!という人は是非押さえておきたいイベントですね。
s_IMG_3906.jpg

★カウント (冬期に数回)
カウントの名前の由来は野鳥の会といえば、と評されるあのカチカチする計数器から来ています。
(たぶん)宮城の伊豆沼蒲生に出かけて、水辺にいるガンなどの鳥をカチカチするということになっています。(たぶん)
飛び立つ際にガンの大群が空を埋め尽くす様子は圧巻ですね。朝早く起きられればいいんだけどなぁ…。
s_IMG_3547.jpg

他にも芋煮や学祭やBBQ、突発的な探鳥とかあったりするのですが、それはまた次の機会にでも。
それではこの辺で。

皆さんの入部お待ちしております!

スポンサーサイト

野鳥の会はどんなサークル?

こんにちは、そして初めまして。ブログ担当m氏ことますぴーです。

ブログの管理画面を漁っていたところ大変この時期にふさわしい素晴らしい記事の下書きを見つけたのでそのまま載せます。
そろそろ新入生がやってくる時期になるので、野鳥の会はどんなサークルなのか、どういう活動をしているのか紹介します!

本当はHPに載せるべきだと思ったんですが、HPのHTMLがよく分からないので更新できない諸事情につきココに載せときますね。
それでは、新入生の皆さんは是非↓の内容を読んでください!!そして部室に是非足を運んでください!!

新入生の皆さん、ようこそ東北大へ!

この記事では、私達「東北大学野鳥の会」がどんな団体でどんな活動をしているのかを紹介します!
いわゆる新歓記事です!!\\┗('ω')┛//
(普段の探鳥の記事はこの記事の下にあります)

ちなみに部室は「新サークル棟2階226号室」です。
窓に「野鳥」の文字が貼ってあるところです。わかりやすいよ!


★東北大学野鳥の会って何をしてるの?
われら東北大学野鳥の会、通称「のとり」は、主に鳥を観察するサークルです。この一言に尽きます。

★鳥が好きじゃないとダメなの?
のとりには、鳥に限らず生き物が好きな人、もとはそこまで鳥に興味がなかった人など様々な人がいます。
そのへんはあまり気にしなくて大丈夫です。
ちょっと気になるな~と思ったら、とりあえず「探鳥」に参加してみましょう!

★普段の活動はどんな感じ?
毎週土曜日、朝8:00に部室に集合し、大学周辺へ「探鳥」に出かけます。
終了はお昼前くらいですが、途中参加、早退も可能です。
強制参加ではありません。お気軽にゆるゆるとお越しください。
また、双眼鏡などの道具や図鑑は部室にあるので知識や道具など、要らぬ!

★特別な行事ってあるの?
上記の「土曜探鳥」以外に、月一程度の頻度で合宿や遠征(?)をしています。
大学近辺だけでなく、ちょっと遠くまで行って鳥を見ようというものです。
こちらも自由参加です。
他にも花火や芋煮など楽しい行事満載です!


ここまで考えてネタが尽きました。多分他にもいろいろあると思うんですが……
まあ、詳しいことは部室にきっといる先輩方に聞きましょう。それが手っ取り早いです!
考えるな、感じるんだ…ということで土曜探鳥に来てみるのもよいでしょう。

皆さんの入部お待ちしております!

夏合宿の記憶(遠い目)

読者の皆!初めまして、ヤワラです!
ヽ(  ´  ∇  `  )ノ ワーイ

情弱of情弱なのでブログの書き方が分からず放置しておった所を、ブログ担当m氏に急かされてやっと書く気になりましたが、去年の夏合宿から既に半年という時間が経ってしまいました。馬鹿of馬鹿なので正直、記憶が薄れております。が、悪びれもせず書きます。


(どうでしょう風)
去年我々が夏合宿の目的地に選んだのは『新潟県』。新潟の鳥といえばトキ。日本産のトキは10年程前に絶滅してしまったものの、現在は大陸産トキの繁殖、野生復帰が試みられており、今回我々はそのトキを見ることを大きな目的の一つとしたのであった。


ピッ 9月9日 24:00
仙台広瀬通り

一同「バス来ねぇ!(`Д´) 」(波乱の予感)

20分遅れで到着、新潟へ


一同「行くぜ佐渡!」@新潟港


ピッ 9月10日 9:00
佐渡島トキの森公園







一同「おぉ、、、トキだ、、、すげぇ、、、」


一同「これは、、圧倒的画力、、、、!!
圧倒的TOKI、、、!!」


ピッ 9月10日 15:00
佐渡金山


n氏「、、、(  ̄_ ̄)ボー」

TK氏「アサギマダラいた」







一同「坑道の中って寒いな!!( ̄□ ̄;)」
(個人的には金の原石運ぶためのトロッコとかその軌道が展示されててスゲー楽しかった)


ピッ 9月10日 18:00
佐渡両津港


一同「店閉まんの早くね?(・ε・)ムー」

新潟市内に戻りホテル1泊


ピッ 9月11日 10時
鳥屋野潟公園


一同「ナニコレ」

鳥屋野潟、福島潟で探鳥


ピッ 9月11日 14:00
福島潟近くのコンビニ

俺氏 「もしもし」
JTB 「宮城が台風でエライことになってるので帰りのバス運休ですよ」
俺氏 「、、、、、(・Д・)」
一同 「マジか」(予感的中)

電車で帰るプランに変更、マリンピア日本海へ




ピッ 9月11日 18:00
新潟駅

俺氏「ん?レンタカーもう一台は?」
LINE「TK氏『道迷った。電車間に合わんからt氏と俺は新潟にもう一泊する』」
一同「(´・Д・)、、、、、。」



という感じでした!
トキは放鳥された個体も見ることができました。全体は40種くらいしか出なかったんですが、目的のトキをじっくり見られたのでHAPPYでした!

来年の夏はどこに行くんでしょうね
楽しみです

それでは。
プロフィール

東北大学野鳥の会

Author:東北大学野鳥の会
東北大学野鳥の会の公式ブログです。鳥見のイベントのことを中心に、鳥のことや身の回りのことなんかをゆるゆると書いてます。ツイッターも見てね!

カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク