夏合宿4~5日目

4日目~

この日は午前中に名古屋城を観光し、午後に藤前干潟でシギチを探しました。

午前中の名古屋城はさすが名古屋城といった感じで立派な天守閣を拝むことができて満足です。天守閣のほかにも本丸御殿の中に入って見学することができたのですが、この本丸御殿の襖絵に鳥の絵がたくさん描かれていて私たちとしては大興奮でした。

30ふすま なんだろう…喧嘩してるのかな?

s_31名古屋城 ぱんぱかぱーん!

 

名古屋城観光もそこそこに、有名な藤前干潟に移動してシギチを探します…が、潮廻りがあまりよくなく、ちょうど私たちが行った時には満潮で干潟があまり出ていませんでした。それでもなんとか干潟の残っているところを探してシギチを見ることができました。

32ホウロクシギ かなり遠くですが…ホウロクシギ!遠すぎてかつ逆光だったのでダイシャクシギとの識別は難しかったのですが、見た感じの色味からそうだろうということで判別しました。

33シギの群れ なにやら群れが熱心に採食していますが…遠すぎてまったくわかりません…キアシシギやイソシギでしょうか…?

34イソシギ イソシギです!この個体はすぐ近くまで来てくれました。

35ミサゴミサゴです!何度か狩りを試みていましたが、結局特に収穫もなくどこかへ行ってしまいました。

 

この後夕方までシギチを探して、フェリーに乗って帰仙となりました。

 

5日目~

この日も船の上で朝から探鳥。海鳥が出ないか目を凝らして探します。

するとなんと、コアホウドリが!!!行きも見られましたがまさか帰りも見られるとは!!しかし朝早い時間帯だったので、コアホウドリを間近で見られたのは私とksg2人だけでした。もったいない!

36コアホウドリ 威風堂々。コアホウドリ。

37船上 日が昇ってしまうと写真の通りベタ凪です。風も波もなく、海鳥も全然飛ばなくなってしまいました。やることもなくなった甲板探鳥のめんめんはカタンに興じ、それも飽きたころには死んだ魚の目をして宙を見つめておりました。

このあと夕方ごろに仙台港に着き、各自解散となりました。

今回の名古屋合宿はなかなか観光が充実していてよかったんじゃないかなと思います。鳥見の方はあまり納得のいく結果ではありませんでしたが、まあコアホウドリがみられたのでよかったと思います。この合宿は毎年1年生が企画するので来年はどこに行くのかさっぱりわかりませんが、来年も楽しいところに行って楽しんでもらえるといいな!!

以上、名古屋合宿の報告でした~~!

スポンサーサイト

夏合宿3日目

3日目~

次の日の朝は日本野鳥の会の探鳥会も開かれる名城公園で探鳥をしました。名城公園は名古屋城のふもとに位置するかなり大きな都市公園で、渡りの時期ともなるとかなりの種数が観察されるそうです。私たちもこの情報には大興奮。まだ秋の渡りには早すぎる時期ではありますが、何か珍しい小鳥はいないかと耳を澄ますと…聞こえてくるのはラジオ体操の音楽。どうやらこの日は近所のご老人の方々が集まってラジオ体操や名古屋独自の体操をする日だったようで、公園のそこかしこでおじいさんおばあさんが音楽に合わせて体操をしていました。これには私たちもびっくり。ラジオ体操が鳴り響く中双眼鏡やカメラを担いだ怪しい集団は肩身が狭い思いをしながらコソコソと通過していきましたとさ…

s_11コブハクチョウ コブハクチョウ。飼育個体かな?

s_12ホシハジロ ええっ?ホシハジロ?当日は全然気づかなかったのに、ブログ用に写真を募集したらお濠での写真が出てきて筆者驚愕…その時に教えてくれればいいのに…

 

この日は日中は1日中自由行動。東山動植物園をめぐるいきもの班、熱田神宮をはじめとする街歩き班、名古屋市科学館に行くガチ理系班に分かれてぶらぶらしてまいりました。

 

~いきもの班の報告~

東山動物園は、名古屋市の中心部から東に行ったところにある大きな動物園です。一番のウリはゴリラのようで、駅から動物園に向かうまでの道のりでゴリラのポスターをたくさん見ました。当日はかなり暑く、どの動物もバテ気味でしたが、展示の工夫がそこかしこに見られて非常に楽しめました。

s_13ライオン ぐでーん…


s_14トラ スマトラトラ。いいカメラ目線をいただきました。


s_15パネル 私とゴリラ

 

途中に「バードホール」という何やら魅力的な名前の建物があったので入ってみると、その中には柵なしで鳥が飼育されていました()。扉を二重にし、飼育スペースと地面とを一段離すことで脱走を防止しているのでしょうか…?とにかく、間近でクロエリセイタガシギやインドクジャク、ショウジョウトキなどを観察することができるのです…!!!これには疲れ気味のいきもの班も大興奮!

s_16クロエリセイタカシギ クロエリセイタカシギ。美しい…

s_17ショウジョウトキ ショウジョウトキ。美しい…

海外探鳥…したいね…

そんなこんなで動物園を一日中満喫し、その後は名古屋の繁華街栄町に向かい手羽先の店をハシゴして食べ歩きを楽しみましたとさ。以上、いきもの班Tがお届けしました。

 

~街歩き班の報告~

3日目の大須方面(女子三人組)ksgが担当します。

【計画】

モーニング→熱田神宮→大須商店街で食べ歩き→喫茶店ボンボン→名古屋駅で買い物、夕食

という感じで一見キラキラしていますが、(早朝名城探鳥も参加した人は)合計3万歩も歩くという、もうヘロヘロ~な大移動となりました。

 

①モーニング

名古屋発祥の(今や全国いたるところにある)コメダ珈琲店でモーニング。名城探鳥がしょっぱかった…私にとっては心に沁みる小倉トーストでした。

 

②熱田神宮

あの三種の神器が祀られているという熱田神宮にいきました。かがくかんやどうぶつえんなどという俗な場所に行っている男性陣と一線を画そうというわけです。

というのはウソで、前日に「三種の神器とかすごそう」というフワッとした理由で決めたのでとてもスムーズにお参りして即帰りました。まさに猫に小判ですね。

s_18熱海神宮 (↑熱田神宮。とても暑かったです。)

 

③大須商店街

前言撤回、猫に小判ではありませんでした。豚に真珠だったようです。たくさん食べました。ブヒブヒ。

 s_19大須商店街 

 

商店街全体の雰囲気としては、仙台の一番町を少し狭くして、もっと賑やかにさせた感じ。若者(中高生)向けの店が多くを占めていて、こんな場所が仙台にもあったら楽しそう。

 

④喫茶店ボンボン

本格的な純喫茶ということで名古屋でも有名な喫茶店ボンボン。実は商店街の後に科学館にも行ったので本当にヘトヘト…でも絶対に外せないので頑張って歩きました。看板が見えた途端軽くなる足取り。かわいい!!

 s_20ボンボン外観 (↑ボンボン外観。左が喫茶店スペースで、右はケーキ屋さん。)

 21ボンボン内装 赤い革張りの椅子、窓にあるBONBONの文字、そこにかかるレースのカーテンの模様、照明の光を通すセピア色。すべて小奇麗に揃えられていて、最近のごちゃごちゃしたカフェとは雰囲気がまるで違います。

 22ケーキ (↑ケーキもコーヒーもお手ごろな価格で美味しく、常連化は不可避。)

心に沁みわたるケーキ。一気に生き返り、口数も徐々に増えていきました。こんなお店が仙台にもあれば確実に毎日通うのに…。惜しみながらも、さっきより元気に名古屋駅へと歩き出しました。

 

⑤名古屋駅

名古屋駅でどうしても八丁味噌を買いたいというYさんのために歩き回りつつ各自お土産を買い(Yさんは八丁味噌を爆買い)、煮込みうどんを食べて終了!疲れた分、おいしく感じました。

23味噌煮込みうどん (↑煮込みうどん。実はお値段は高め。)

こんな大移動ができたのも地下鉄がかなり発達しているおかげで、そして回るところもたくさんあるし、名古屋に住みたいなあ、とつくづく感じられた二日目でした。楽しかったです。

以上、ksgでした。

 

~ガチ理系班の報告~

こんにちは、夏合宿幹事RKです。二日目の自由行動では名古屋市科学館に行ってきました。泊まったホテルからさほど遠くなかったので朝の名古屋城付近を歩いて移動。

下は科学館が見えてきたところでの一枚。なんでもこの球体は世界最大級のプラネタリウムだそうです。宇宙好きの会長は特にテンション高めで入口へ向かったのですがプラネタリウム売り場は長蛇の列が…。数時間待ちになりそうなのでプラネタリウムは諦め中へ。

24科学館 

まずは開催中の企画展「ロボットってなんだろう?」へ

25展示 

 

運用中のものから開発段階のものまで最新鋭の機械が数多く展示されていました。

個人的には将棋のコマをいかにきれいに置くかという努力の方向性がおかしいロボットアームがツボでした。

 

展示のイラストも面白い笑

26イラスト 

続いて常設展へ。2階から6階まであってかなり広い! 理工館、天文館、生命館の3ブロックに分かれていてそれぞれさまざまな展示があり楽しめました。

 

27四頭身 4頭身になれる?(望んではいない)鏡の前での一枚。うーん、これはいらない。

 

28竜巻 ミニ竜巻発生装置。ミニとはいえ10メートル弱はあったのでかなりの迫力でした。

 

一通り見終わったころには全員クタクタに…。

お腹が空いたので科学館を後にし大須へ移動。

お昼は名古屋民のソウルフードのスガキヤでいただきました。

 29冷やし中華 写真は私が頂いたスガキヤ名物冷やしラーメンです。うん、普通の冷やし中華だなコレ。

普通においしかったです。

各自腹ごしらえができたところでこのあとは各々好きなところへ。以上科学館組からの報告でしたー。

 

この日はそのままホテルでお休み!

>>4~5日目へ

夏合宿1~2日目

 こんにちは。1年のTです。Tっていってもたくさんいますが多分一番背の低いTです。

 

さて、私たちは825日~29日の日程で名古屋方面に夏合宿に行ってまいりました。この合宿の目的はずばり鳥見初心者の1年生、2年生の親睦を深めること!です(シギチにはまっていた私としては本当はラムサール条約にも登録される大規模な藤前干潟でシギチを探しまくり、あわよくば見たことのないシギチをわんさか見たい、もっと言えば行きかえりの太平洋フェリー上でアホウドリを見たいとかいう密かな目的があったわけですが)

 

行きも帰りも移動は太平洋フェリーにお世話になりました。行きはきたかみ、帰りはきそでした。それでは1日ごとにその様子をご紹介していきましょう。

 

1日目~

8時半ごろに仙台駅のバス停に集合し、仙台港へ向かいます。なんやかんやあっていざ出航~!

s_1出航 

他に乗っているお客さんの中にかっぱえびせんをウミネコにあげている人もいて、出航してしばらくの間は甲板がウミネコの狂乱の宴になっていました。

s_2ウミネコ s_3船内 

船内の様子。ただでさえ船旅というだけでテンションが上がるのに、非常にきれいな内装でさらに非日常感が増します。

 

そしてそして…フェリーの上ですることと言えば…もちろんフェリー探鳥!ミズナギドリやアホウドリの仲間を狙って甲板でただひたすら出現を待ち続けます。


s_4船上

福島第一原子力発電所の横を通過した時の写真です。波も風もなく穏やかなのはいいのですが、風を利用して羽ばたかずに飛ぶミズナギドリやアホウドリなどにとっては飛びづらい状況でもあります。


s_5オオミズナギドリ

オオミズナギドリです(迫真)。もっと長いレンズがほしい…しかしほんとに海はベタベタのなぎなぎですね。


そして日も暮れようとするころ…

s_6コアホウドリ

で、でたああ~~~~!コアホウドリ!!!私の鉛筆のようなポンコツレンズでもその特徴的な顔がはっきりとわかります。他にもクロアシアホウドリ(暗くて識別に自信ナシ)も見ることができて、大満足のまま日没となりました。

 

フェリーにはバイキング形式のレストランがあり、そこで夕食をとる人もいました。一部の人は金をケチってカップ麺にしたようですが。

s_7ディナー

超豪華ディナー(大嘘)2000(これで2000円かぁ…)

 

船の中では特別な娯楽もなく、みんな早々と寝たり、部屋でガールズトークを楽しんだり、トランプに時間を溶かしたりしていたようです。私は大富豪で負けまくりましたがね。

 

2日目~

さて、翌朝日の出と鳥を見るために早起きをすると船はすでに御前崎の沖にいました。夜のうちに相当名古屋の近くまで進んだようです。

s_8日の出 御前崎沖で見る日の出は格別でした。

この後頑張って鳥を探しましたが、昨日にもまして風はなく、海鳥のカケラすら飛んでいませんでした…

船内の朝食は私はトラウマものだったのですが…あまり太平洋フェリーの悪口をいうと来年から乗せてくれなさそうなのでやめます。

 

そうこうしているうちに名古屋に入港です。

名古屋に着いた後はすぐに名古屋港水族館へみんなで行ってきました。雑にその写真を数枚。

 s_9イルカs_10イワシ 

この夜はみんなで集まって味噌カツの美味しいお店「矢場とん」でご飯を食べました。たくさん食べて幸せに浸りつつ、のとりで流行っているボードゲーム「カタン」をしつつ同時に人狼も全員でするというなかなか頭を使う夜を過ごしました…


>>3日目へ

羽黒山合宿

こんにちは、中の人Kです

今更ながら6月の17-18日に行われた羽黒山合宿について

もう記憶が抜けかかってるとかそんなことはない

この羽黒山合宿ですが、一年生と二年生だけという初々しい(?)メンバーでの合宿となりました。

メインターゲットは「アカショウビン

去年参加して声を聞くことしかできなかったこの鳥を「今年こそは見るぞ!」と意気込みながら山形県へ!

 

 

といっても鳥を見るのは2日目の朝なのでまずは観光

最初にいったのは霞城公園

最上義光像を見たり城跡をぐるっと一周したり……

 最上義光像

 

 

そしてその敷地にある山形県立博物館

去年は行かなかったのでどんな展示があるのか期待を胸に入館

個人的な満足度は非常に高かったです

動物の剥製も多く置いてあり、一年生はアカショウビンがどんな見た目と大きさをしているのかという予習もできました

僕自身は特別展の粘菌の展示が結構楽しめました

生物学科の筆者と蜘蛛の人と幹事Mがテンション上がっていただけとかは言ってはいけない

 

 

昼ごはんには畑の近くを動き回っているキジを横目に蕎麦を食べました

ゲソ天おいしかったです

そば 

 

そんな感じで次の目的地・加茂水族館……に行く途中の休憩のために止まった朝日月山湖展望広場にて

蜘蛛の人に鳴き声が聞こえると言われ、車の外に出ると「キョロロロ…」という鳴き声が!

アカショウビンだ――――――!!

対岸にいたため見ることはできませんでしたが、これは幸先の良いスタートなのでは?と期待がどんどん高まります。

 

 

そんなことを経て加茂水族館に到着

クラゲの水族館として有名なここは来るのを楽しみにしていました

去年に引き続き二度目の訪問でしたがやっぱり見ていて楽しいですね~

大きな水槽の中をぐるぐると回るクラゲを見ているだけで心が癒されていく…

クラゲ  

 

こうして初日の観光を終えて斎館に到着

到着直前にはカモシカとの出会いもありました

おいしい夕食を頂きつつ明日へ備えます

 

夜はカタンやUNOを楽しんでいました

盛大な初心者いじめがあったとかなかったとか

swbさんにめっちゃ文句言われた気もする…

カタン 

 

そんな夜も終わり、朝だ!探鳥だ!アカショウビンだ!!

なかなか起きれない会長を横目にアカショウビン探しへ!!

日の出と同時刻ぐらいからキョロロロ…という鳴き声が聞こえ始め、声を手掛かりに羽黒山を登ったり下ったり…

声が聞こえるもなかなかその姿をだれも見つけられず…

と、そんなときにwさんから「本堂近くでアカショウビンがいた」とのLINEが!

こりゃ急いでいくしかない!と思い立つも現在地は本堂からかなり下った場所でしてorz

もちろん本堂につく頃には影も形もなく声も聞こえないという残念な結果に…

しかしその程度ではまだまだあきらめない

車に乗りながらゆっくりと山を下り、鳴き声を頼りにアカショウビンを探しにいきました

下っている途中にキョロロロ…という鳴き声が!

近くで数分待機していたところ、突然キョロロロ…と鳴きながら赤い物体がバサバサと飛び出してきました!!

アカショウビンだ―――――!

一瞬しか見れなかったものの、きちんと目でとらえることが出来ました

その後もアカショウビンを探し続けましたがもう一度見ることはできませんでした

羽黒山ではアカショウビンのほかにもサンショウクイキビタキといった鳥を見ることができました

キビタキ ↑キビタキ


 

こうして探鳥を終えて朝ご飯を食べ、斎館を出発しました

次なる目的地は五重塔

国宝にも指定されているこの塔は室町時代に建造されたというとても歴史の深いものです

ここに歩いて向かう途中にある滝も非常にきれいでした

五重塔  

 


こうして五重塔での観光を終え、最後にチェリーランドさがえに行きました。

ここでサクランボ狩りに行くことになり、初体験の私はテンションがかなり上がっていました

もいで、食べて、もいで、食べて……

めちゃくちゃおいしかったです

ただ、時期が少し早かったのでもう少し遅い時期だったらさらにおいしかったのかなあ、と思ったりもしていましたが、大量のサクランボを食べて大満足でした

 

 

こうして大学へと戻り、羽黒合宿終了となりました

去年のリベンジは半分ぐらいできたかな、という感じでした

次こそははっきりと目にとらえてやる、という思いを胸に、来年の羽黒合宿を楽しみにしています

 

 

最後になりましたが今回の羽黒合宿での鳥あわせです

(羽黒山)

カルガモ キジバト ツツドリs トビ アカショウビン コゲラ オオアカゲラ アオゲラ アカゲラ サンショウクイ カケスc ゴジュウカラ ヤマガラc シジュウカラ ヒヨドリ ウグイスs ヤブサメs ムクドリ クロツグミs キビタキ スズメ キセキレイ カワラヒワ ハシブトガラス ハシボソガラス ホトトギスs(26種)

(道中)

キジ ウミネコ ヒメウ ダイサギ アオサギ ツバメ アマツバメ ハクセキレイ オオヨシキリs ガビチョウs メジロ イソヒヨドリ ノスリ オオルリs(14)

プロフィール

東北大学野鳥の会

Author:東北大学野鳥の会
東北大学野鳥の会の公式ブログです。鳥見のイベントのことを中心に、鳥のことや身の回りのことなんかをゆるゆると書いてます。ツイッターも見てね!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク