スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛島 vol.1

長らくお待たせいたしました!!飛島です!!!!('ω')vイエーイ
何週間たったのでしょうか、いやでも行ったのGWでしたから、5月中ではあるわけで。長くなっちゃうので一日目だけまずは書いていきます。。。


バス 5/3

まずは仙台駅からバスに乗った野鳥の会部員。これから飛島でどんな鳥が見れるのか、楽しみな部員はバスの中でもハイテンションで周りのお客様に迷惑なくらいうるさくて・・・とか想像もされましたが、普段の疲れだったりこれからの探鳥に備えてだったりで、全員爆睡でした。そして酒田に着いて、さぁフェリーに乗って飛島へ、と思ったら

欠航 5/3

('ω')あらぁ。
どうしましょうか。とりあえず今日中には飛島に渡れないことが分かったので、急いで宿を手配します。GWだったのでなかなか苦労しましたが何とか酒田・鶴岡で泊まれるようにして。ここで中の人1ともう一人の高校の同級生、m君と感動の再会!びっくり。慶応大学の学生であられますm君はもともと鳥好きで、飛島に行こうとしたら我々と同じくフェリーが欠航して足止めを食らっていたのでした。正直東北大学野鳥の会のメンバーとほとんど変わらない雰囲気を持ち合わせるm君もしばらく一緒に行動することに。頼もしい仲間が増えました。
さて、近くに山形県海洋センターという何か資料館的なものがあったのでいってみます。酒田の港とか船とか、その辺の生態とか展示されてました。

いっしー 5/3

船の展示のところで元気にぐるぐる回す部員。


日和山 5/3

近くの日和山公園というところでいい感じに鳥が見れるらしい、という情報を聞きつけたので早速行ってみることに。ぱっと見そんなにいなそうな感じですが。この白い灯台みたいなのが何か歴史的にすごかった気がするのですが、そんなことは忘れました。

転がる部員 5/3

元気に転がる部員。斜面を見るなり、転がったら面白そう、と思いついて転がってました。周りの視線は気にしません。

スズメ 5/3

草の上というか中というか。その辺で歩き回るスズメ。ちゅん。春らしいですね。
さっきの開けたところから、なんとなく森っぽいところに移動してみると・・・


オオルリ1 5/3

オオルリ!今年はけっこう見てるかも?

オオルリ2 5/3

でもここのオオルリは仙台でまれに見るのと違って、近い!じっとしてる!じっくり観察できました・・・


探鳥風景 5/3

こんな感じでしばらく探鳥を続けていると


キマユムシクイ1 5/3

キマユムシクイなるものが出現しました。ちょっと詳しくないとムシクイ系は区別がつきません・・・。私には何が何だか。

キマユムシクイ2 5/3

まあこいつがちょこまかと動き回るので撮りにくくて撮りにくくて。

オオルリ3 5/3

そして再びオオルリが。サービスいいなぁ。桜の中に止まるオオルリ。

ルリビタキ 5/3

ルリビタキのメス(あるいはオス一年目)も登場。こいつも、しばらくじ~っとしてくれていて、なかなか癒されました。

オオルリ4 5/3

ルリビタキとオオルリが出たり隠れたりを繰り返してました。贅沢な。

ysdさん 5/3

暗くなってきたので酒田での探鳥を終わりにして、酒田なり鶴岡なりの宿に分散しました。近くの蔵か何かを見に行ったり進撃の巨人みんなで見たり、人それぞれ自由に過ごしてました。まぁみんな同じ宿に泊まってたら集まって喋ったりとかしたんでしょうけど、それは次の日以降に取っておくとして。

そんな飛島合宿一日目でした。飛島たどり着いてないですけど。東北大学野鳥の会は飛島に行けないようになっているんじゃないかとかそんな説も浮上したりしました。続きはまた後程・・・いや次はそんなに間隔あかないと思います・・・たぶん・・・
あんまし詳しくない私が書いた記事なのでしばらくしたら書き換えられてるかも。

中の人1でした。ではまた!└(└ 'ω')┘ギュオオオオオオオオン!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

東北大学野鳥の会

Author:東北大学野鳥の会
東北大学野鳥の会の公式ブログです。鳥見のイベントのことを中心に、鳥のことや身の回りのことなんかをゆるゆると書いてます。ツイッターも見てね!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。