スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛島 vol.2

('ω')/ お待たせいたしました!!!飛島第二弾です!!!\ワァァァァァ!!/
ほら今回はそんなに間隔あいてなくないですか?一度写真選別してしまえば、あとは書くだけでさぁ!それでは前回の記事の続きです。

鶴岡駅 5/4

中の人1は鶴岡に泊まってたので鶴岡からスタートです。羽越本線にちょっと乗って酒田に戻ります。

フェリー 5/4

二日目はちゃんとフェリーも出航しました。一安心。さっそく乗り込んで、甲板に張り付きます。だって海鳥が見れるはずですからね。ウミスズメ大好きな私としてはなんとしても一目拝みたいところ。海鳥見たい何人かは甲板に、ゆっくりしたい何人かは船内に陣取って出航です。が。大変揺れました。さながらジェットコースターのようなスリルというかそんなものが味わえました。一方で船内はむしろホーンテッドマンションでした。さまざまなうめき声と共にトイレに向かう人々。地獄絵図。悲惨でした。終盤では青いビニール袋しか見ておらず、気付いたら飛島についていた。というのは他の部員の証言。私は終始甲板で大はしゃぎだったのでよく知りません。

オオミズナギドリ 5/4

そんな中で、他のバーダーさん方が鳥を次々と見つけてくださいます。ぐわんぐわん揺れる甲板から必死で撮ったのがこの数枚。オオミズナギドリ。カモメと似てるように見えて、そもそも種類が違うのです。カモメはチドリ目カモメ科。オオミズナギドリはミズナギドリ目ミズナギドリ科。ぜんぜん違うのです。飛び方も独特。オオミズナギドリはすーっと滑空したあと、翼を傾けて急上昇します。軽やかというかなんというか、かっこよかったです。。。

オオミズナギドリ2 5/4

これもオオミズナギドリ。こっちは背中側。

ウトウ 5/4

ウトウ!!ウミスズメの仲間です。嘴の横のところにひゅっとひげみたいなのが生えているのです・・・でも。私はウミスズメが見たかった!!!!ウトウは・・・正直・・・別にかわいくは・・・いやごめんなさい。

モズ 5/4

やっと飛島に上陸。部員の顔はみんな真っ青。おかしいなぁ。さあ探鳥を始めまして・・・これはモズ。なんか白っぽくて違うの想像しちゃったけどモズでした。
<追記>
って思ったら!!!!!実はシマアカモズってやつでした!!!!!!違った!!!!!!!!ちょっと図鑑に載ってなかったので色が白っぽいモズかと思ってました。チゴモズとかその辺はしっぽが黒いのでわかりませんでした。

キビタキ 5/4

そしてキビタキ!!!私がずっと撮りたかった鳥です。黄色くてかっこよくてかわいくないですかぁ?ねえ?ねえねえ?

キビタキ2 5/4

やばいです。サービスよすぎ。

ヒメコウテンシ 5/4

これはヒメコウテンシ。という鳥。タヒバリと似て非なる鳥。日本では日本海側の離島にでも行かないと見れないそうです。つって飛島も日本海側の離島ですけどね。地表の色とすごく似てて見つけるのが大変困難。

アトリ 5/4

アトリ。めっちゃいました。その辺のスズメよりいました。正直鬱陶しいくらいいました。でもかわいいから許す!!

港 5/4

お昼になりました。民宿の方が用意してくださったお弁当を、こんな感じで見晴らしのいいところでいただくことにします。でもけっこうみんな疲れてたみたいで口数は少なめでした・・・

イソヒヨドリ 5/4

イソヒヨドリ。の、オス。山の中とかよりは民家の屋根の上とか電信柱の上とか、そんなところによくいました。鳴き声がきれいなんですよ~お聞かせできないのが残念です。

アオジ 5/4

アオジ。これは普通に仙台でもしょっちゅう見てます。うーんかわいい。

トラツグミ 5/4

トラツグミ、という鳥がいました。すれ違ったバーダーさんに教えていただきました。目が大きい。いや大きすぎないか?というくらい。ツグミよりもさらに美味しいらしいです。もちろん食べちゃダメです。

センダイムシクイ 5/4

センダイムシクイ。まるい!ふわふわ!!ぺろぺろしたくなる、とは撮影した部員のコメント。

キマユホオジロ 5/4

キマユホオジロ。ホオジロとミヤマホオジロの間みたいな鳥ですよね。って私は思うんですけど、どうですかね。確かに黄色い眉毛だし、覚えやすいっすよね。

キセキレイ 5/4

キセキレイ。これも仙台でたまに見かけます。けっこう近かった!

エゾムシクイ 5/4

エゾムシクイ。鳥がちっちゃいとか思われる方いらっしゃるかもしれませんが、木と草のバランスとかピントのぼけ具合とか含めてこれくらいでお伝えしたかったのでこのサイズで。夏って感じが、いい。

エゾムシクイ2 5/4

しとっぽさが伝わればと。

コサメビタキ 5/4

コサメビタキ!!白くてシンプル。かわいい~。コメントに困るとかわいいしか言わない私。

ヤツガシラ1 5/4

ヤツガシラ、という日本の鳥らしからぬ鳥。日本では数少ない旅鳥ですが、実際分布はめちゃくちゃ広くて、ヨーロッパ南部中部、アフリカ、南アジア、インドネシア・・・と、むしろ海外の鳥な鳥です。

ヤツガシラ2 5/4

動物園でもないのにこんなの見れたらそりゃテンション上がりますよね

ヤツガシラ3 5/4

ねえ。

キクイタダキ 5/4

キクイタダキ!!冬には仙台でもいつものように見れた通称キクちゃん。日本最小の鳥のひとつ。

キクイタダキ2 5/4

でも普段は高い針葉樹の上とかでちょこまかしてるのでなかなか同じ高さではみれないのです。頭のとこに黄色いのがあったり、オスだとさらに赤い線まで入ったりしてるんですけど、とりあえず黄色いのが見れただけでも幸せ。ラッキー!!

アカゲラ 5/4

アカゲラ。冬なら仙台でも割と見かけるキツツキです。

エゾムシクイ2 5/4

ウグイスかと思いきやエゾムシクイ。もう中の人1にはわかりません。かわいいから何でもいいや。いやまじでこの角度とか表情とかよくないですか?だいぶ前にアップしたビンズイみたいじゃないですか?ビンちゃんはセキレイ科なので全然違うんですけどね。ただ挙動がアオジとかと似てるかなって。アオジとエゾムシクイも全然違うんですけどね。

オオルリ 5/4

最後にオオルリ。飛島には日和山公園以上にオオルリたくさんでした。撮られ慣れてるというか疲れているようで
、人前にもひょいっと出てきてました。だんだん部員もオオルリに見飽きてきているころ。

あ~~~長かった。記事が。二日目(飛島としては一日目)は以上で。やっぱ飛島はすごいですわ・・・普段なら見れたらラッキー!な鳥がスズメレベルにたくさんいて、普段は見れるわけないような鳥がちょこちょこ出てきたり。むしろスズメとかシジュウカラとか普段の鳥がぜんぜんいなくて心配しました。

このあと野鳥の会部員は民宿に戻って一休み、、、するかと思いきや結局暗くなってきたとはいえ再び探鳥に。バーダーさんのおかげでアオバズクというフクロウ的なやつを発見。写真は撮りましがた見にくいのでまあアップしなくていいかなっと。そのあとようやく夕飯を食べて、みんなでおしゃべりしつつ適当に寝ました。長々と書いてて疲れてきたので続きはまた後日。次は三日目の記事になりますね。お楽しみに。中の人1がお送りしました。ではまた!!\( 'ω')/ウオオオオオアアアーーーッ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

東北大学野鳥の会

Author:東北大学野鳥の会
東北大学野鳥の会の公式ブログです。鳥見のイベントのことを中心に、鳥のことや身の回りのことなんかをゆるゆると書いてます。ツイッターも見てね!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。