すごいぞ!ぼくらのホームグラウンド

お久しぶりです。中の人その3(当時)、Nです。気が付けば私の最後のブログ更新の花見からちょうど一年が経っていました。光陰矢の如し、ですね。今年の花見は昨日行われたわけですが、それについては誰かが書いてくれるでしょう(丸投げ

さて、今回の記事は、タイトルの通り、私たちが普段探鳥しているエリアで今年の冬に見られためずらしい(?)鳥たちを紹介します。

・ミヤマホオジロ(撮影:1/31、2/1)
ミヤホ♀20150131

ミヤホ♂20150131
1/10の土曜探鳥に現れて以降、なぜか毎週のように姿を見せてくれました。例年では土曜探鳥コースにはほとんど出てこないんですけど。雌雄ともにかわいい姿をたくさん見られてみんな大満足。

・ミヤマガラス(撮影:1/11)
ミヤマガラス20150111
それほど珍しくはないけど、今年は割と多くの個体を近くで観察できる機会が多かったので、一応。くちばしが細くて付け根が白くなってる。はっきりわかんだね。

・ルリビタキ(撮影:1/24)
ルリビ20150124
こちらもそれほど珍しくはないけど、可愛く撮れたので。可愛いは正義。

・ヒレンジャク(撮影:3/7)
ヒレン20150307
毎年このくらいの時期に数~十数個体みられます。西日本に多い傾向があるといわれるヒレンジャクは毎年みられるのに、なぜかキレンジャクは一度も出たことがないという…

・トモエガモ(撮影:1/11)
トモエ20150111
オシドリの群れに混じって寝てました。アイエエエ!トモエ!?トモエナンデ!?ホームグラウンドでは初確認ですよ(たぶん)!ドーモ。トモエ=サン。

・カヤクグリ
1/24以降に何度か目撃。毎年声だけは聞くことがあるけど、目視できたのは初めてかも。小さくて遠くてあまりいい写真がなかったので、写真は割愛。あしからず。

・ハギマシコ
1/31以降何度か目撃。斜面を好むと聞いていたけど、どうやら本当らしい。遠くて写真に収められなかったのが残念。


なんで冬の話を今頃持ち出したかというと、めずらしい鳥につられたバーダーさんであふれかえるのを防ぐため(という名目で私が記事を書くのをサボったため)です。花見の話は誰か早く書いてくれるといいなー(チラッ
Nはこれから研究計画をたてるのです。それでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

東北大学野鳥の会

Author:東北大学野鳥の会
東北大学野鳥の会の公式ブログです。鳥見のイベントのことを中心に、鳥のことや身の回りのことなんかをゆるゆると書いてます。ツイッターも見てね!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク